スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


恒例のラマザンパケット
カテゴリ:仕事
「どかっ!、ドカッ!、どかっ!」
事務所の前に並べられた、大きな箱。
一箱10キロ近くはありそうな。

DSCF0547.jpg


毎年、恒例のラマザンパケット。
中身は、砂糖、塩、かん詰め、お米、スープ、小麦粉、お茶、
などなどの、食べ物。

DSCF0548.jpg


働いている人みんなに配られる。
どういう意味合いがあるのかよくわからないけど。
たぶんラマザン断食への感謝の気持ちなのかな。
ありがたいことだ。
以前働いていたところでは、近所の人にも配っていた。

ほーーーんとありがたい、、、、

けど、、、

家まで持っていくのがたいへん。
断食で力の抜けた体には、さらにきつい。
去年は、何回かに分けて持っていった。

もっと軽いものにしてくれーー、などと思ってしまう。

今年はさらに、
職場の友達が、「私、要らないから Ali兄さんあげるよ」と。

う、う、う、れしい !?

ことにしておこう。。。。
スポンサーサイト
2012.07.21 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


壁崩し
カテゴリ:仕事
「どーん、、、どーん、、、」
下の階から苦情が来ないのかなぁ、
と思うくらい大きな音で、
工場の壁をハンマーで叩き割っている。

DSCF0443.jpg


業務拡張のためと言うのか、
隣の工場が引っ越したので、
壁を壊して、敷地を広げることになった。

こちらの建物は、柱だけが鉄筋コンクリートで、
その間の壁は、レンガを積んでセメントを塗ったもの。
ハンマーでたたけば崩れるようなものだ。

と言うわけで、今週はずっと壁崩しをやっていた。
一日目、若い子達と一緒になって、
調子よくハンマーを振っていた。

午後になって、
「グキ、パキ、、、、」
「あっ、やってしまった、、、」
腰で妙な音がしたような、、、、

ぎっくり腰になってしまった。
その次の日は、職場を休ませてもらった。
昔から、機械という仕事がら
腰痛になることがよくあったけど、
今回のはきつかった、、、

体には気をつけないとなぁ。。

工場のほうはというと、
今日で壁崩しは終わった。
かなり広い敷地になった。

DSCF0445.jpg

3年前の3倍近くの広さにはなった。
業績好調なのかな、、、

私の給料は上がんないんだけど。。。
2012.03.11 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


うるさーーーい
カテゴリ:仕事
「Ali兄さん、この図面計算しといて、、、、」
「Ali兄さん、鉛筆とって、、」
「Ali兄さん、そのドア閉めて、、」

うるさーーーい
人に頼んでばかりいないで、
自分でやれよ、、
と、たまに爆発しそうになる。

トルコの人は、人によくお願い事をする。
上司だろうが、年上だろうが、お願いする。

なかなか人の都合ばかりを見て、
お願いできない私にとっては、
うらやましい性格だ。

最近同じ仕事をしている若い子たちが、
新しい携帯を買った。

あたらし物好きのトルコ人、
仕事が少ないのもあって、
朝から晩まで、
暇があると携帯をみている。

もうちょっと仕事しろよ、、
と、言いたいが、

この若い子達、
いざ仕事が来ると、
何も考えてないかのごとく
むちゃくちゃ速く仕事をやる。。。

短距離走型なのか、
ゆっくり考えながらのマラソン型の私には、
なかなかついていけないかな。

もうこの職場も3年になるけど、、
慣れるというよりは、、
なかなか毎日刺激的かなぁ。

先月イスタンブールは、
ここ30年で一番の寒さだった。

雪も結構降った。
職場の屋上から撮った、
雪のイスタンブール
DSCF0435.jpg


2012.03.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


そんなにせかさないでも、、、
カテゴリ:仕事
職場に新しいマシニングセンター
(トルコ語じゃないよ、、、工作機械)が2台も来た。
台湾製の機械。コンピューター部分は日本製(ファナック)。
値段は聞いてないけど安くはなかっただろう。

合計4台の工作機械になったけど、
動かせるオペレーターは私だけ。
早く新しい人を雇ってほしいかな。
募集広告を出しているけどなかなか見つからないようだ。
イスタンブールの景気はいいほうなのかな。

まぁ、、設備投資もいいけど、
労働者にも少し投資してくれないものかね、、、
私の保険早く入れてほしい、、、、、、

こちらの人はせっかちで、
昨日から大社長(社長のお父さん)が機械を動かしてほしそうにそわそわしている。
そんなにせかさないでも、、、子供じゃないんだから、、、、
などと思ってしまう。

まぁ、真新しい機械、きもちがいい。
新品の機械を使うチャンスもそうないだろうから、ありがたいことだ。

早速今日の夕方、機械を動かして帰ってきた。
朝には品物がひとつ出来ている予定だ。
問題がないことを祈る、、、
新しい機械ぶつけたら、目も当てられないからな、、、
2011.10.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


トルコに来てあまり見ない
カテゴリ:仕事
「Ali 、この材料機械にのせるのかな?」
「あっ、お願いします。」

「これは終わったのかな、機械からおろそうか?」
「ありがとう。お願いします。」

職場のほとんどの人が私より若い。
そんななか同世代の職人さんが一人いる。
日本人と知ると何かと話しかけてくる人が多い中
この方、職場に来た当初はあまり私とはしゃべれなかった。

しかし最近自分の仕事が暇になると、
何かと私の仕事を観察しては、
手伝おうとしてくれる。

その手伝い方も、とても私に気を使ってくれて、
私のやり方の通りにやってくれる。

トルコに来てあまり見ないタイプの人のような気がする。
山のようにある仕事で窒息しそうだったのが、
おかげですこし楽になった。

何よりうれしく感じることがある。
私が仕事を押し付けられて、一人残業することになると、
10分、20分でもわずかな時間、
何をするわけでもなく残ってくれる。

私の思い過ごしかもしれないが、
ちょっとした思いやりが心にしみる。
特に自己表現(主張??)の強いトルコ社会のなかでは。

明日、日曜日も出勤になった。
孫受けの仕事をしているので、
お客さんの都合上、仕方がないかな。
お昼過ぎには戻りたいかな。

2年前の不況の時には、
2ヶ月ほど全く仕事のなかったこともあった。
それを思うとありがたいことかな。

2011.09.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


自己紹介

Ali Ito

Author:Ali Ito
ホッシュ ギャルディニズ
ようこそブログへ
トルコ人の奥さんと結婚して12年
ひとり、息子がいます
機械関係の町工場で働いてます

最新コメント

openclose

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご訪問ありがとうございます。
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。